花月草子

清涼山の御亭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

急ぐ心かまだ暮れぬ

能楽BASARAは久しぶりです。
元々本日の『道成寺』は楽しみにお席を取らせて頂いたのですけど、
(しかもまた道成寺では私的ベストな位置を師匠が取って下さって…)
当日になってみたらちょっと体調が悪くなっしまって、直前まで自宅で
「ど…どうしようかな…」
と悩んでいました。
道成寺はどうしてもその場で観ている側も緊張度が高くなりますしね。

ただ、逆にそういう意味では自分の神経を研ぎ澄ませて観る事ができた。
というのは幸いだったかも。
鐘の吊り上げからワキのユウケンに至るまで頭の中の密度は濃かったです。
道成寺の詞章は他の曲に比べて展開が頭に入っている部分が大きいですから、
後は演じる先生方次第という事もありますし。

で、それが一言一句ビシビシと伝わってきましてね。
吊り上げ、ワキ名乗リ、シテ次第…と物凄く短く感じました。
良い意味で「詰まってる」感じ。
ただ、その…元の体調のせいか、乱拍子での緊張がピークになった時に…
胃炎が…あいたたた
激痛、というほどでもなかったので我慢はできたのだけど、何だかなぁ~

でも鐘が降りた所から上がるまで。上がってからの蛇体姿もとてもスッキリ
決まっていて、(その分若干「執心」が薄味になってしまったかもしれませんが)
綺麗な蛇体でしたね。
お囃子もぴったり決まっていて、良い舞台だったと思います。

惜しむらくは、「女心ゆえの執心」を全く解さない御仁に解説を頼んでしまった
事かな。自分に理解できないからって蛇体の心を茶化すなよ。と正直思いました。


能楽BASARA Ⅹ

解説:林望

仕舞
恋重荷:観世喜之

『道成寺 中之段数拍子(足偏に間) 無拍子之崩 赤頭
シテ(白拍子/蛇体):駒瀬直也
ワキ(道成寺住僧):宝生欣哉
ワキツレ(従僧):則久英志、大日方寛

笛:松田弘之
小鼓:鵜澤洋太郎
大鼓:佃良勝
太鼓:観世元伯

アイ:山本泰太郎、山本則孝

後見:遠藤六郎、奥川恒治、遠藤喜久

地謡:山本順之(地頭)、谷本健吾、長谷川晴彦、馬野正基、
遠藤和久、中所宣夫、永島忠侈、西村孝夫

鐘後見:観世喜之、五木田三郎、弘田裕一、中森貫太、鈴木啓吾

| 能・狂言 | 22:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。