花月草子

清涼山の御亭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観世九皐会百周年記念特別公演 第一部

お話があった時は大分まだ先の事、と思っていても、あっという間に
今日はもう当日です。

第一部番組

第一部は午前十時から『翁』で幕をあけました。
喜之先生の翁、喜正先生の千歳、山本東次郎先生の三番三、則孝さんの面箱、
と顔ぶれもさることながら、やはり先生方皆さんの翁独特の緊張感漲る表情が
魅力的。
東次郎さんの三番三はやはり一度は拝見しておきたいものの一つでしたので、
おめでたさ満点。
翁の舞そのものも年明けは神歌からになりますので、しばらくは見る機会もないかも。
でも、国立能楽堂の案内スタッフの方々、どうして途中でお客さんを入れてしまう
のかしら~。最近は式能などでも翁の途中入退場がまま見受けられるそうで、
納得いかない…というか、理解できない…

引き続き、永島先生のシテによる
『養老 水波之伝
後ツレの楊柳観音は中所先生で。中所先生は天女系をされると独特の
優雅さが感じられます。
で、照明に扇の金地や天冠の飾りが反射して御簾の方にキラキラと
反射光がさざめくようで、んー、綺麗でした…
水波の小書により、永島先生の神舞がグイグイ速度を増していかれるのが
流石です。また、同小書では山神の冠に薄桃色の芍薬が三輪ついて、
装束に比べて不思議なアンバランス感があってまた面白い。

宗家の舞囃子『花筐』を挟んで、狂言は『舟ふな』
虎之介くんも大きくなりまして、立派な太郎冠者ぶり。
小憎らしく主人をやりこめていました。
まだ子供らしく明るい色合いの装束が、普段大人の役者さんがされる
太郎冠者とは違って、笑いの中にもパッと花めいた舞台になりました。

お仕舞『笠之段』は銕之亟先生で。
第一部最後のゲストとなります。銕之亟先生は本日、翁の主後見や
上記『花筐』の地頭など色々と第一部の舞台を支えて下さいました。
銕之亟先生は見ているほうをグッと引っ張り込むパワーをお持ちと
いいますか、お仕舞でもそれは如何なく発揮されまして。

第一部最後となる二番目の修羅物は
『正尊 起請文 翔入
おなじみの先生方に加え、お囃子、地謡と濃いい顔ぶれの正尊です。
橋掛リに、中森先生の義経に続き、小さい身体で太刀を携えた静御前が
現れると、見所全体が「かわいいー」という声無き声につつまれていたような。
また、中之舞もしっかり舞ってるのですよ。
奥川先生のご次男、恒成くんです。
お兄ちゃん(恒陽くん)が先日子方を卒業してしまったので、これからまだまだ
出番が多くなるとは思いますが、まだ「がんばれー」と言いたくなるような年頃
ですね(笑)。
頭巾、上着、大口と白一色のような駒瀬先生の土佐坊正尊。
ちょ、ヒールですが、めちゃくちゃ素敵。
後場の二(熊井&江田)対八(立衆)の切組もまた予想に違わぬ派手な
カタチで。熊井の奥川先生がヒラリと橋掛リの欄干に足をかけ、飛び乗る
あたりなどは皆目を奪われていたような様子でしたね。
武蔵坊(高井松男先生)と土佐坊の長刀を振り捨ててむずと組み合う一騎打ち
のあたりなど、手に汗握る大興奮。

さて、第一部はプログラムに二回休憩をはさむことになっていたようですが、
後の休憩は無いことになってしまい、その旨場内アナウンスでも放送されて
いたのですが、あまり周知されていなかったもよう。
銕之亟先生の笠之段が終わったあと、バラバラと席を立つ方が何人も
いらっしゃったのが、不手際といえば不手際で残念だったかな、と。

| 能・狂言 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://paeonia.blog89.fc2.com/tb.php/216-ede71384

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。