花月草子

清涼山の御亭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍吟ずれば雲起こり、虎嘯けば風生ずと

国立十二月定例公演です。

先日の九皐会の春日龍神に引き続きまして入唐渡天希望の僧が登場。
と、いっても今日は喜多流で、『龍虎』。

こちらの前シテは入唐後に出会った老人に渡天を押留められるカタチに
なりますが、この曲の主眼はそこではなく、あくまでも龍虎の戦いに
ありますので、前場は出雲先生と工藤先生のしっかりとしながらも比較的
サラリ目な展開。
よく「前シテの老人実ハ後シテの○○」、な話の持って行きかたが一般的
な複式能のパターンだったりもしますが、この曲ではあくまでも前と後は別。
ということで。

作リ物には真笹がたっぷりと、でも、そのたっぷりさ加減が災いして、
虎が登場する際に、覆っていた布がうまく外れなくて
(中にも笹が仕込んであったので、引っかかっていたのです)
中村先生と塩津圭介さんが一生懸命外そうとするんだけど、「間に合わない!」
と塩津先生が後見からダッシュ(?)で飛んで来る場面も。

出雲先生の虎と狩野先生の龍が裂帛の勢い。
「カッ!」「クヮッ!」と表情の擬音が聞こえるような、文字通り「龍虎相打つ」という
言葉がぴったりくるような。若手~中堅の先生方の気合に満ちた舞台となりました。

さて、これで年内の国立主催の公演は終わりましたが…
私は明日もここで一日過ごす事になるのでありました(笑)




国立能楽堂十二月定例公演

狂言『内沙汰』
シテ(右近):野村万蔵
アド(妻):野村扇丞

『龍虎』
シテ(老人/虎):出雲康雅
前ツレ(男):大島輝久
後ツレ(龍):狩野了一
ワキ(入唐僧):工藤和哉
ワキツレ(従僧):大日方寛、則久英志

笛:藤田朝太郎
小鼓:柳原冨司忠
大鼓:亀井実
太鼓:助川治

アイ:小笠原匡

後見:塩津哲生、中村邦生

地謡:粟谷能夫(地頭)、佐々木多門、粟谷充雄、金子敬一郎
粟谷浩之、内田成信、粟谷明生、長島茂

| 能・狂言 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://paeonia.blog89.fc2.com/tb.php/215-bdb53083

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。