花月草子

清涼山の御亭

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

定めなき世の中々に

色々と所用あり、本日の五月定例会は最初の『蟬丸』のみ拝見という事に。
どうも『杜若』とは縁が遠い気がしてなりません。
(今まで何度か拝見しているハズなのに、体調不良だったり、小書でフェイント
をかけられたり…一度としてまともに見られた記憶がないのです)

曲は「蟬丸」なれど、シテは姉宮の逆髪。
設定では逆髪、蟬丸ともに延喜帝(醍醐天皇)のそれぞれ第三、四ノ宮と語られて
おりますが、双方にいわゆる「ハンディキャップ」を持った宮として産まれ、
それが故に高貴の身でありながら姉宮は狂女となって山を彷徨い、弟宮は剃髪の上
逢坂山に捨てられる悲劇。

蟬丸はつつましく静かな表情の中に時折はっとする雅やかさをも感じられる面。
清貫は、これから世の中から忘れ去られんとする皇子を痛ましげに案じつつも
自らは勅に逆らえぬ宮仕えの悲しさ。
蟬丸の父帝への恨み言一つ言わぬ姿はまさに皇子の風格。
しかし孤独に陥ってみればその胸中はかりがたしといった極み。

アイで博雅三位が登場し、蟬丸を藁家にかくまいますが、ここの部分は今昔物語の
流用か。
今昔物語では博雅三位が蟬丸を訪ね、秘曲 “啄木” を伝授されます。
琵琶の撥面を撥でコツコツと、まるで啄木鳥が樹を穿つような音をたてます。
(一度、公演で聞いた事あり)
またいくつかの資料によれば蟬丸が持っていた琵琶は「無名」とも言われています。
(あの、枕草子九十三段で定子が「ただいとはかなく名もなし」と答えるアレ)

姉宮の逆髪は、その名の通り今の世でいえば「キツめの天然パーマ」で済む話なの
ですが当時の女性としては致命的であったのでしょうね。物心つけば尚更。
まして皇女の身ともなれば。
自らの醜態に狂乱の心を起こし外の世界を彷徨う逆髪。子供たちの悪態を振り払い
ながら訪れた山の中に響く琵琶の音にひかれるようにして再会を果たす姉宮と弟宮。

別れの刻が刻々と訪れようとする中、二人じっと無言で交し合う視線が物悲しさを
際立たせていますね。
別れを告げた逆髪がまたふらふらと山から去って行くのをまるで心眼にかけて見送る
ような趣きの蟬丸。時を経て、思い立つがごとくに立ち上がり幕に下がって行く蟬丸
の乾いた杖の音が見所に響いて行きます…


なーのーにー、その余韻をブチ壊さんばかりにフライング爆裂拍手かました二席隣の
オヤジ。ゆるさん!
ところで、偶然ながら最近知ったところによれば私の母校の目の前に鎮座します某神社
(1年生の時には境内の中まで清掃範囲でした)
の境内摂社には大津の蟬丸神社から勧請した御分霊がおわすとか。
うーん、音曲諸芸道神 & 髪毛祖神とな。
3年通って気がつかない方もどうかしていた…

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 能・狂言 | 21:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。