花月草子

清涼山の御亭

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観世九皐会百周年記念特別公演 最終回

舞台を拝見するのも存外な久しぶりになりました。

一昨年暮の五番能からスタートした記念公演も光陰矢の如し。
この度の公演で最終回を迎える運びとなりました。

『花筐』
強い自己の意志を感じる照日の前。
味真野で皇子と暮らした日々はさぞ美しく楽しかったことであろうと。
しかし、皇子が一転、日継君になり、花筐と玉梓のみを使に託して、自分に会わずに
都に発ったと知らされて。
御使の前では気丈に振舞う照日の前ながら、玉梓を読みながら一人になるとさめざめ
と泣かずにはおられぬ気持ちが刻々と面に刻まれていく様です。
そして、花筐を持たせた侍女を供に、自らは心乱しながらも都へと向かう姿には
一貫して「帝となった皇子にもう一度会う」という一念の意志が強く強く描かれて
いて。ある意味、六条御息所をよりストレートな東女にするとこうなるのかも。
ワキの官人とのやりとりもほとんど喧嘩腰に近い言い様ですし。
官人「お前の“君”とは誰の事を指して言うのか」
照日「この世に“君”と呼ばれる人間は一人しかいないじゃないの。
   他に誰がいるって言うの!」

みたいな感じか。

照日の前は大層誇り高い女性なのにも関わらず、帝に会うためなら
「面白う狂ってみせよ」
と言われて
「会わせて貰えるならやってやるわ!」
という肚の座った気持ちの方が勝っているという部分がまざまざと伝わる
このあたり。イロエが綺麗だったなぁ。
ヘタをすればシテの気持ちが気負いすぎてグダグダ展開になりかねない所
を今日の奥川先生は上手くまとめて、押さえすぎず、しかし突っ走らず、
でも強い、「照日の前」を演じていました。

で、逆に森先生がやけに力が入ってる気がした。
輿舁と三人で謡う部分も、力任せに引っ張っていってて、輿舁の両先生が急いで
ついていってる。みたいな。ワキ座についてもいつものドッシリ感がなくて、
余裕がなく見えまして。ちょっとそこだけ心配です。

お仕舞では弱法師の駒瀬先生がおステキでした♪
半眼での杖の強弱の匙加減が絶妙。

『融 窕(クツロギ)
前シテと旅僧とのやりとり(名所教え含む)が少し長いかな?
と感じましたが、後シテになってからは!
まず、一目見て
「あれ~?初冠じゃないのか~烏帽子だ~」
何故だろう。これは後で聞かなくては<苦笑
黒垂、白の単狩衣に紫の指抜という超々王道の装束ですが、だがそれがいい。
今日は「窕(クツロギ)」の小書が入って、早舞の三段途中でスススと橋掛りに移り、
(ここで一息入れてクツロギなのですね)そこからまた一気に大小、太鼓の前を進んで
舞台に戻って…
息つく間もない程の舞のキレ。白い大袖が眼の端から端をハラリハラリと
移ろっていく様はなんとも。小島先生、充実されてますね。

今日はそれ以外にも地震アリ、雷アリとなかなかスリリングな見所でした。(笑)

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 能・狂言 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二度あることは・・・

三度ある。

今月(あと来週一度)で竹生島は終る予定。という事で師匠から
「予習しておくように」
と次の課題曲のコピーを手渡されましたが、

春日龍神 龍神三連発 orz

飛返リは今日もいくつか指摘をうけながら、なんとか跳べるようには。
しかし師匠曰く
「お弟子さんに飛返リを教えるのはひさしぶりだな」
左様でございますか…

| 仕舞・お稽古 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛んで飛んで飛んで~

そんな歌が昔ありましたが。円広志か<

最近ようやく回って足を入替えられるようにはなんとか。
でも、跳んだ後の軸足をまだ上手く畳めないでいるので、
いまいち高さ感が出ない…
しかも、着地の際、右ヒザから降りてしまうし。
5回に1回くらいは足首で着地できる感じになってきましたけれども、
道のりはあまりに遠い。

というわけでスクワット強化に励むことにしました。

| 仕舞・お稽古 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。