花月草子

清涼山の御亭

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この春よりは墨染に咲け

塩津先生の特別公演で、久しぶりに宝生能楽堂まで。

今日は『墨染櫻』の復曲ということで、見所にも大勢のお客様が見え、
外の桜もちらほらと開いて、春めいた雰囲気。
墨染櫻パンフ、謡本

大槻文藏先生が大阪から舞囃子の客演にいらして、文字通り華を添えます。
舞囃子は『杜若』を素囃子で。
杜若は九皐会の二月別会で中森先生がシテをされていたのを拝見しましたが、
あの時は舞台そのものは良かったのですが、色々とあって、個人的に調子が全
く奮わなかったので、残念な事をしたと思っていた所、はからずも今日再び舞囃子
という形で見ることが叶いました。
あまりに綺麗でしたので、長い寸法の筈があっという間に終わってしまった気が。
しかし、素囃子の小書が入るというのは、当日パンフレットを見てから知りましたので
「え?アレ?えぇと…どこからどうなるんだっけ…」
勉強不足を露呈してしまった感が。(後でパンフ見直したら書いてあったんですが)
悔しいからまた三度チャレンジする機会が欲しいところです。
高子おぉぉ~!<お前は基経か

基経というと、実はこっそりと墨染櫻の方にも関係あるような無いような。
良岑宗貞(僧正遍照)が詠んだ古今集の
「空蝉はからをみつつも慰めつ煙だにたて深草の山」
は堀川大臣基経が亡くなった際に偲んで詠んだ歌、ということになっている
けれども、いつのまにやら仁明天皇を偲んだ事にされていて、
こちらの曲に遍昭が引っ張られて、シテ。ワキの問答にも、アイにも多く
引用されています。
(ワキは岑雄ノ聖(=上野岑雄)ですが、かなり世間では遍照と混同されて
いるようです)
現行の金剛の流儀では色々と省かれている所も多く、今回はそのあたりも
含めて復曲、という事になっているのですが、肝心の金剛の『墨染櫻』は未見
なもので、どこをどう、といっても比べられないのが残念です。
ただ、桜の精が出家剃髪を思い立ち、いざ髪を落とす直前に角盥に身を
乗り出すように手をかけていた姿が美しかったですね。
なんで現行でここが削られてしまっているんだろうと不思議でならず。
また、物着アシライで花帽子を被る、というのが新鮮でした。

今回新しく作られた謡本によれば前シテは紅入唐織とされていますが、
今回は渋みのある紫と白の段で、桃色を基調にした花があしらわれ、
渋い中にも落ち着いた若さを感じるようなものでした。
一見すると唐織には見えないっぽい。あっさりとしたもの。

作リ物の山につけてある桜の枝は純白の桜で、これは後で、アイが
「一夜のうちに花の色変じ…」
という所で違和感を出さないための配慮だそうな。

後シテの長絹は出家後の姿ですので、薄墨色(=鈍色)にちらほらと
枝垂れ桜を金で摺り出したもの。これが花帽子と似合って素敵な取り
合わせに。
このために新調されたのだとか。
尼姿での乱拍子、中之舞。また橋掛りでくるくると舞う様は花の盛りに
見る、小さな風の巻いている中で花吹雪が舞っているようにも感じられ、
塩津先生の懐の深さを感じる綺麗なものでした。
最後に
「梢に残りて、根に還る花と なりにけり」
で舞込のように幕に消えて行く精を欣哉先生の岑雄が手を合わせて見送って
いるのが目に残る。静かな静かな能だけれど印象深い舞台となりました。

復曲といっても実質新しい曲のようなものですから、地謡の先生方も
熱の入り様はひとしおで、地頭の友枝先生ですら、謡い終えた後は
フと口の端に笑みを浮かべていたようにも見えましたね。
いや、それを言ったら欣哉先生の方がワキの語りが多くて大変だったかも(笑)

帰りに少し足を伸ばして、夜間公開中の六義園の夜桜を見に参りました。
スゴい人出。でもちょうど細い三日月が出ていい感じ。
(写真じゃ見えないか…)
月に桜 夜も更けて


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 能・狂言 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

言の葉草乃假初に

能楽堂の門の紅梅も大分おしまいに近づいてきました。

『源氏供養』は詞章の中に織り込まれている帖名を拾って行くのが
楽しいところかも。
シテは坂先生で、どこかきりっとした紫式部になりました。
和泉式部は同じように書き物をしても、和歌と日記ということで、
後には「歌舞の菩薩」となりましたが、紫式部は「源氏物語」という
虚構の物語を世に送り出した、という妄語戒の罪の戒めを受けています。
最後に光君の供養をしていればこんな事にはならなかった、とか。
(まあ最後を「雲隠」にして創作を終えてしまったからねぇ…)
今の世の中では考えられないような話の展開ではありますが、
故に「筆を持つ人は慎重に」と思わねばならないものかも。

『雲林院』は奥川先生で。
後シテの面の表情がとても若く、並の中将などとはかなり違う。
確かに古そうな面なのに、胡粉が古色を帯びず、色白で、
眉の刷き方もさっと軽く。
白地の狩衣に紫の指抜姿がまた風情をさそうのであります。
二条后といろいろと風聞のあった頃の業平の「天下色好み」を具現化
するとこうなるのでしょうか、というようなしっとりとした柔らかさのある
業平でした。
最近、若い方がやると、かろがろ、颯爽と、というきらいがありますが
それはまたちょっと人物像として見せる話が違うと思うので。
畏きあたりの出自の青年貴族の生来の優雅さとかが感じられるくらい
の方が好きかと。

…ああ、でも入内の決まっていた高子を連れて駆け落ち騒ぎを起こす
とか、伊勢斎宮にいいよるとかいう底知れぬ突飛な行動力だけは
ありますね。この方。

公光は今でいうと、なんなのでしょう。少年の頃、熱烈に読み耽った本の
舞台を一目見んと、夢にまで見て旅に出てくるあたりは今の我々の心理
とそう変わりはないのかとも思います。

現行では世阿弥本が更に改作されているので、現在のような夢幻能形態
を取ってしまっていますが、高子を取り戻しに基経が鬼神の出立ちで
「俺の妹を返せエェェェ!」<ちょ
などとあらわれるという世阿弥本のものも見てみたいですね。



≫ 続きを読む

| 能・狂言 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神楽坂伝統芸能2009 雑録

例えば我々が能舞台に上がらせて頂く際には(稽古なり、お浚い会なり)、
「眼鏡等は外して下さい」
って、言われるんですけど、長唄やら他ジャンルの人はいいの?
とか、色々と細かく気づく事が多くありました。

今回、揚幕から出入りした方々はお能のシテ、ワキ、お囃子方の先生方、
はまあ当たり前なので、やはり雅楽は烏帽子や装束つけていらっしゃるし、
大物の楽器もあるので揚幕での入退場となりました。
他にはお姐さん方も踊りの進行上、揚幕より。
かたや、長唄、新内などに出演された方々は切戸から。
いやあ、自分の事のようにハラハラしてしまいました。
アレはねぇ、判ってても、くぐるのが難しいです。
ましてや、初めての方も多いと思うので。

山瀬松韻師匠の黒留袖の絵端が桜に火炎といった素敵な柄だったのですが、
でもカタギの人は着れない柄だなぁ、と思いました。(笑)
芸事の人しか着るのはムリっていう柄でしたね。松韻師匠は上品な顔立ちの
方なので、なかなか意表をつかれたというか。

長唄の扇の構え方って、喜多流と同じような「草の構え」なんだ。と。
今頃気づきました。<遅い!
(我々は「真の構え」で持ちます)

今回は普段、能楽堂ではあまりお見かけしないお客層でしたので
(それはそうであろう。こういう会ですから)
たとえば、いくつか先の椅子に玄人のお姐さんが座っている、とか
旦那衆などとお見受けする方も多く、
種々舞台を普段から見慣れていらっしゃる方が殆どのような感じがしました。
ですので、雅楽や長唄、新内、踊りなどでは終えた際、タイミングを
みはからった上手な拍手がされ、逆にお能の際には、地謡が下がる
までシーンとした静寂な空気が保たれました。
素晴らしい。

喫茶室のお茶が今回は楽山の焙じ茶になっていました♪

| その他邦楽など | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神楽坂伝統芸能2009

大変な公演でした。地元に住んでいてもなかなかこういう事は無く。
見させて頂いたのは夜の部でした。
会場は矢来能楽堂を使い、街の力を結集したようなイベント、
とでも申せましょうか。
国立あたりでも出来ないですねこれは。
(やれと言われればできるかも知れないけど、チケットもギャラもとんでもない
ことになりそう。場所が場所だけに出演の皆さんも殆ど手弁当気分かもw)

舞台が舞台なだけに、ホールなみの音響を求められると困るのですが、
管絃はかなりイイ響きでした。(席が近かった、という部分を加味しても)
『陪臚』など、もう眼前に舞人がいるのではないかと思ってしまうような、
良さでした。
芝先生の竜笛は何年ぶりかよく判りません。
『越天楽』はポピュラーだけれども、それだけに、逆にまともに聞く事がなかなか
ないのではないかとさえ思います。

お能は喜之先生の『羽衣 彩色』 。
これもあまり今となってはなかなか見る事がないかも。
後見は昨年五番能の際に同小書をつとめられた弘田先生でしたが、
喜之先生のはまた違って、天女のふわふわ感が勝っているかも。
それにあの長絹は今まで見た事がないので、朱に金がさあっとかかって
いて、白孔雀か、白い鳳凰なのか、とにかくそんな鳥の翼が広がっていて。
もう、ガン見(笑)してしまいました。

長唄と新内はあの舞台の音響の不利さを少々感じました。
前面に音がバーンと出てこないので、響きにくいのですね。
しかし、そこを差し引いても、やはり見事でした。
『賤苧環』は最初のお囃子の入り方が「殆どお能だ」と思っていました。
ちゃんと笛が
「オヒャーヒューイ、ヒウヤー」とか鳴っていて
「おお、能管だ」とか。
でも一息いれて、三味線が「チチ…」と弾かれだすと一気に長唄モードに
なるんですねぇ。

長唄、新内は、いわゆる正中に毛氈を斜に敷いての構成になりまして、
この形が「聞こえのよくない」感じだったのですが、
お姐さん方の『都風流』の際は地謡座に地になった皆さんが場所を
取られたので、ここではもうばっちり。きちんと響きました。
やはり場所って大事ですね。
お姐さん方は色違いでのお揃いのお引きで。
眞由美お姐さん、素敵ですわー。

来年もあるかしら。
今回が第一回の試みなので、続いてくれるといいですね。

≫ 続きを読む

| その他邦楽など | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魄霊の影は失せにけり

S次郎先生の御顔を見た瞬間、本当に失せたかったですよ。
(申し合せも番組表記もM昭先生でしたので)
…舞囃子。終わりました。

『経正』の後半、寸法は
「いや雨にてはなかりけり~魄霊の影は失せにけり」までほぼフルモード。

地謡の先生方はここでお名前を並べると色々差し障りがあるので
控えますが、

お囃子は
笛:一噌Y二先生
小鼓:幸S次郎先生
大鼓:安福M雄先生


一介のペーペーのアタクシ如きにこのお囃子。
鼻血出そうです。

ソリ返リの着地で右の爪先が滑っちゃって、すぐ立ち上がれなかったのが
痛かった…
ああ、でも当代一流と言われる先生のお囃子というのは背にうけるとあれほど
気持ちがよいものか。

私の二つ前の方の素謡でワキを宝S閑先生がお相手されていまして、
「楽屋から御簾越しに拝聴しながら、聞き入っておりました。」
と言いたいところですが、その頃には自分の方がイッパイイッパイで。<苦笑
閑先生の姿なんて、楽屋に戻って来た時のほんの一瞬しか見れませず。

ともあれ、年明けから怒涛の勢いだったあたりも一山越えました。
来週までお稽古はお休みになります。

| 仕舞・お稽古 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。