花月草子

清涼山の御亭

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猿と獅子とは御使者のもの

えー、茂山家の春狂言です。
本当は昼夜通して見たいところですが、夜都合があったので、今回は
今日の昼間だけ。
茂山家の東京公演は昨今とみに取り辛くなってきた。
まあそれだけファンが増えるのは結構な事ですが(^^;)

『梟』はまた、不思議な兄弟の取り合わせだこと。これ絶妙な取り合わせで(笑)
他の人がやってもそれはそれなりに面白いかも知れないですが、この舞台
全体に漂う変な「妙さ」加減は同じ一家の中でもこの3人の持ち味の部分が
大きいかと。
最後にあきらさんの法印が引っ込むキワの「ホッホー」の間が効いてますわね。

『空腕』は長い。大人が見ても長い。
故に前に座っていた子供が寝てしまっていました。無理もありませんが。
内容はひたすら太郎冠者のウソつきっぷりにあるので、ほとんど七五三さん
独演会状態。
そんなクスクス状態の中、携帯のアラーム音が流れてきたのに閉口(怒)
アレさえなければ良かったのにぃ・・・

『靱猿』、いいですねぇ、猿の奈津子ちゃんがかわいくて。
言う事ないですねぇ。

しかし・・・ちょっと生で見ない間に雨男(笑)茂さん、随分顔立ち変わったな・・・

『梟』
シテ(法印):茂山あきら
アド(兄):丸石やすし
アド(弟):茂山茂
後見:増田浩紀

『空腕』
シテ(太郎冠者):茂山七五三
アド(主):網谷正美
後見:井口竜也

『靱猿』
シテ(大名):茂山千之丞
アド(太郎冠者):茂山茂
アド(猿曳):茂山千三郎
子方(猿):若杉奈津子
地謡:茂山七五三、茂山あきら、増田浩紀、井口竜也
後見:丸石やすし、鈴木実
スポンサーサイト

| 能・狂言 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まいぺーす

いずれジャンルの舞台にせよ、見に行くのは月に1~2度くらいかな~。
まぁ、休日は他にも色々とやることもありますし。

どっぷり浸かれる方がうらやましいのですが、まぁ、無理しない程度に
ぽちぽちと。

紅葉狩は今は大左右で足拍子踏む所まで。一人だけで見てもらっている訳では
ないので、色々と個々それぞれ人の事情もあったりしますし。
で、そんな「大人の事情」にて、最初立ち上がった所での足拍子はやらない事に
なってしまいました。
んー・・・ちょっと寂しいけど、まあ大左右の後の足拍子もあるからいいか。

| 仕舞・お稽古 | 19:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花のほかには松ばかり

投票に行っていたらバスに乗り遅れてしまい、千駄ヶ谷の門をくぐったのは
開演10分前・・・orz
席はちょうど脇正面の中程で、脇正面の正面(?)みたいな場所です。
おかげさまで求塚にしろ、道成寺にしろ、中入りの最中の様子がよく
観察できまして・・・(笑)
最初の休憩時間でトイレの大行列に並んでいたおかげで、桜餅は買いそこね
ました。(´・ω・`)

求塚の前シテあたり、ここしばらくの疲れがちょっと抜けていなかったのか、
船をこぎ・・・そうになってしまいましたが、堪えました(笑)
でも、何だか記憶が虚ろ。
元々好きな曲ではないせいか、はたまたやはり疲れのせいか・・・
『求塚』は「美人は罪つくり」=「何寝ぼけた事言ってんだよ」を地でいく
演目だからねー。何とも共感できない・・・
あ、勿論、駒瀬先生のシテが悪いとか、そういう次元の話ではありません
のであしからず。

山本家の『棒縛』でやっと意識を完全回復。
なんでしょう、次郎冠者の間が何とな~くあってないような気がします。
「そこで一拍おいたら、もっとメリハリがつくのでは?」
という部分が少々ながら見られ。ちょっと惜しいか。

後の仕舞のあとの休憩後、席に戻ってほどなく切り火の合図が。
鐘の吊り上げはもう山本家の皆さん、手慣れていらっしゃいますから
サクサクと(笑)
小島先生、小柄でほっそりとした白拍子ですねぇ。若い女性らしく似合って
いますねぇ。
(そのかわり「緊張しまくり」なのは手に取るように判ったり<当たり前)
小鼓との乱拍子も緊迫感持続して。ジリジリと、良い感じ。
しかし、今日のご住職の法力の強さよ。と、いいますか、真蛇になった
庄司の姫の内なる弱さが良く出ていたかしら。
いや、まあ、年頃のオンナノコが蛇身になったんですから、あまり図々しく
強いってのも興ざめで、私はこの位の方が好きです。(^^;)


≫ 続きを読む

| 能・狂言 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英執着獅子って

どうして『望月』の獅子拵えなんだろう。
『望月』はお能の中でも四(或いは五)番目だし、敵討ちモノですし、
『執着獅子』は弥生と同じ様に獅子の精に魅入られて傾城が舞いだすもので
ありますが、望月はシテが仇を油断させるために獅子舞を舞うんであって、
そこに共通性は全く無い。
宝暦四年の初演時にすでに執着獅子の拵えはこの赤頭の望月のカタチだった
んでしょうか。さすがに覆面マスクはないけれども。
単に初演した役者がたまたま望月を見て他に無い獅子の装束に何かひらめいた
ものがあったのか、
不思議不思議。

そういえば、『御浜御殿』でもこんなのがいたような。

| 歌舞伎・文楽 | 00:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

主なしとて

うちには中棹の三味線が2棹あります。
いずれも三つ折れの常磐津用で1棹は紅木、もう1棹は紫檀製。
祖母の持ち物だったのですが、紫檀の方はたまに私が稽古をつけて貰って
いる時に使わせて貰っていました。
(というよりも、紅木の方は重くて取り回しがキツかったので)

先月、雛人形を片付けた際に箱を久しぶりに開けてみたら紅木の方は皮が
破れてしまっていました。(ノ∀`)
紫檀の方は一見なんともないように見えますが、糸はダメでしょうなぁ・・・
いずれにせよ、調子を合わせる事も最早できませんので、(正しい調子を
聴きとってくれる人がいないし)
管理の難しい長物になりつつあります。

主のいない三味線・・・いやぁ困りましたね。

| よしなしごと | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牛魔王

過日、6月末~7月初旬にかけて東京で公演される京劇「西遊記-火焔山-」
(要は『三借芭蕉扇』の拡大改変版です。普通の見取りでは出てこない
牛魔王とか玉面公主とか、まあいろいろ出てきます)
のチケットを取ったのですが、ひょんな所でその本チラシを入手。

アレ? 公式サイトではよく判らなかったんですが、よく見ると牛魔王の
臉譜(隈取)が金・・・?
いや、正確に言えば牛魔王て浄だし、武花臉だし、妖怪ですから金より銀なんでは?
「怒ってる」という意味では確かに赤もちょっと入っていますし、
「短気で粗暴」という点で黒も入っていますが、
それにつけても金というのは神様系の臉譜とばかり思っていましたので、
最近は違うのでしょうか。
比べられるほど年中見られる物ではないので、なんとも言えないんですけど。

ちなみに左は「黒」の張飛、右は「白」の曹操。こんな所でも役柄の性格が
ビミョーに違います。
張飛 曹操

| よしなしごと | 01:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見るぞとよ見るぞとよ

昨日、演劇博物館3階展示室の階段近くに紐で台につながれた小面がひとつ
置いてありまして、自由にかけて見られるようになっていました。
何処の者とも知れない不特定多数の人間がかけてもOKな小面ですから
それほど大袈裟な銘もない小面だと思うのですが、モノは結構古めかしい面で、
内側のアテものもボロくなって・・・
お歯黒などは黒に金がはげかかって・・・

そんなことはさておき、「かける」まではいきませんが「あてて」みました。

み・・・見えない・・・

知識としては知っていても、実際に聞くと見るとは大違いの視界の狭さ。
体感的には真っ暗な目の前に直径5㎝ほどの穴がある。くらい。
よくこれで、「馴れ」とはいえ先生たちは歩けますねぇ・・・感心しきり。

| 能・狂言 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『六世中村歌右衛門展』

現在、早稲田大学構内の演劇博物館にて『六世中村歌右衛門展』が開催されています。
演劇博物館正面 看板 歌右衛門展

娘道成寺を中心にして押隈、鈴太鼓、鞨鼓他、小道具やゆかりの品、
舞台写真や錦絵などが展示中。(4/25迄)
お懐紙が良い。裏梅と祇園守の押しが入っていて、こんな見えない部分にも
気をつかっていて・・・
自筆色紙の 「花と夢とを忘れずに」 の一言に改めてグッサリとやられた気分。
グレタ・ガルボが熱~いファンレターを送った理由が判るような(笑)
私は小さい時分に祖母につれられて、以来お芝居を見に行くようになりましたが
それはイコール岡本町だったものですから、年の割には感慨深いものが。
五世、六世と続いてこの博物館にはおつきあいが深かったようで、今後、
六世を顕彰した部屋がひとつ常設になるそうです。

今月の3階の歌舞伎展示室では逍遥にちなんで、「沓手鳥孤城落月」が
メインの展示になっています。
衣装では梅幸さんが弥生を演じた際の薄藤色の振袖が飾ってあります。
引抜穴の位置がよくわかります。意外と穴部分の縫い目が雑・・・

建物を出て14号館の方に行きますと、岡本町遺愛の鬱金桜が今盛りです。
お亡くなりになった後、ご自宅のお庭からお身内(・・・梅玉さんか)により
寄贈された桜で、普通の鬱金桜とは違い、八重で薄黄色、薄緑色に桃色の
ボカシをかけたような、いかにも岡本町が好みそうな色合いです。
大成駒の桜01 大成駒の桜02


3月27日の火曜日には歌右衛門展の企画として、東蔵さんが講演にいらした
そうですが・・・
何でド平日の昼間なのよ~!!!

≫ 続きを読む

| 歌舞伎・文楽 | 17:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天守物語

(歌舞伎チャンネル 平成18.7.歌舞伎座)

・・・新喜劇かこれは il||li○| ̄|_il||li

演出の解釈が悪すぎるよ!

鏡花の磨き抜かれた戯曲の台詞で、なんで客席から失笑とか爆笑とかが
起こらなければいけないのか~!
2丁目トークみたいで、原作の世界観ブチ壊しだよう~
去年発表された頃には玉三郎の「天守」がかかると聞いて、じゃあ幕見
突撃!とか思っていましたが、いかなくて正解だった。
鏡花モノは活字で自分の脳内で描く世界に没入していた方がいいのではないか。
とさえ思ってしまった。
同じ鏡花で玉三郎だったら、映画版「夜叉ヶ池」の方が好き。

薄さん、ちょっと演出が煩そうござんすよ。
(吉弥さんのせいではない・・・ないが・・・)

天守夫人富姫:坂東玉三郎
姫川図書之助:市川海老蔵
岩代国亀の城 亀姫;市川春猿
茅野ヶ原の舌長姥:市川門之助
十文字ヶ原の朱の盤坊:市川右近
小田原修理:坂東薪車
奥女中・薄:上村吉弥
近江之丞桃六:市川猿弥


| 歌舞伎・文楽 | 00:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダブルヘッダートリプルゲーム(笑)

十二代目市川團十郎襲名披露興行 「助六」
(歌舞伎チャンネル 昭和60.4 歌舞伎座)

しかし、この頃はまだ細かった・・・。病気前だからなぁ、
まだ口跡も今よりいいわ。

それはともかく、イベント的に当時非常に大きな顔合わせだったこの芝居。
リアルで見た記憶もあるんですが、改めて今こうして見ますとやはり、
うへ~ orz な顔合わせ。
(下記参照。これは四月分、後の六月ではまた少々違う顔合わせ。
書き写すだけで疲れた チャンネルのサイトで配役くらい載せてくれまいか
話はおなじみの話だからここでは野暮には語りませんが。
ちなみにタイトルの「ダブルヘッダー、トリプルゲーム」は
通人の山崎屋さんが、股くぐりの後に七三で
「十一代目でも股をくぐって、十二代目でも~云々~。こりゃあ~」
と続けたものです。
団十郎バッジのお兄さん・・・シャネル№19・・・ぶわははは
いや~、思い出した№19!なつかしー!!!
(ちなみに現仁左衛門さん襲名の際に撒かれたのは「エゴイスト」でした)

ああ、そんなことより饂飩屋のお兄さんが素晴らしく良いオトコ<今更なにを!
今の仁左衛門さんは顔立ちがますますお父さんそっくりになってきましたね。

ところで、今まですっかり忘れていましたが、最後の場無かったっけ?
意休さんから友切丸奪うのは無し?
そーね、目出度い襲名興行で人斬りは無しでしょうね。
なんか間が抜けてるけど。
で、当時気がつかなかった事。ご祝儀の幕の寄贈元は新勝寺だった・・・。
(ウチのお布施の一部はここに使われたという事か・・・<笑)

花川戸助六:市川團十郎
三浦屋揚巻:中村歌右衛門
髭の意休:片岡仁左衛門(十三世)
白酒売新兵衛:尾上菊五郎
曽我満江:尾上梅幸

くわんぺら門兵衛:尾上松緑(二世)
朝顔仙平:中村吉右衛門
遣手お辰:市川子團次(二世)
福山かつぎ富吉:中村福助(現梅玉)
傾城八重衣:中村時蔵
〃浮橋:中村芝雀
〃胡蝶:中村智太郎(現翫雀)
〃愛染:中村浩太郎(現扇雀)
〃誰ヶ袖:市村家橘

男伊達山谷彌吉:大谷友右衛門
通人里暁:河原崎権十郎(三世)
国侍利金太:片岡市蔵(五世)
奴奈良平:市村鶴蔵
茶屋廻り金太:片岡十蔵(現市蔵)
〃新次:片岡亀蔵
松葉屋女房お松:澤村田之助

口上 河原崎権十郎

| 歌舞伎・文楽 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よしや思えばこれとても

上ゲ扇の部分までやって参りました。
ここまで来てしまうと後は大左右で拍子踏んで打込んだり開いたりですが。

しかし、お浚い会まで実質あとお稽古5回しか無い~
ひいぃぃぃ~ 大丈夫か自分。
後はひたすら空いた時間に自分で浚うしかないわけで、でもそこで変な
クセをつけちゃって困らないようにもしないといけないし。

『紅葉狩』って立ちあがった初手から足拍子ですよね。
やっぱり美女の皮被った鬼なんだな・・・
詞章もなんかオトコとオンナの複雑微妙な趣だし。

はああぁぁ~。
(でも、今日の上ゲ扇はホメられた♪)

| 仕舞・お稽古 | 22:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。